皮膚科学会も認めた!おすすめスキンケア方法とその商品に驚愕します

スポンサードリク




突然ですが、あなたがいつも行っているスキンアケア方法とはどんな感じでしょうか?

おそらく、一般的なスキンケア方法はこんなところでしょうか。

・洗顔後 → ブースター → 化粧水 → 美容液 → 保湿クリーム → 顔パック

忙しい毎日の終わりに、こんなにたくさんの工程を毎日欠かさずにやるのは正直大変ですよね。できればもっといい方法はないのかなぁ~なんて思ったコトはありませんか??

関連おすすめ記事

そんなあなたに朗報です!!

「アメリカ皮膚科学会(AAD)」という世界でいちばん大きな「皮膚に関する学会」が発表していることがあります。

Start with sunscreen and moisturizer: Dermatologists agree that sunscreen and moisturizer are the two most-effective anti-aging products you can buy. Using these every day can make a noticeable difference.

When shopping for sunscreen, select one that offers all of the following:

Broad spectrum
SPF 30 (or higher)
Water resistance
An anti-aging moisturizer helps to minimize fine lines. It is so effective that moisturizer is the secret ingredient in many anti-aging products.

引用:How to select anti-aging skin care products

結論から先にズバっと言います!スキンケアに本当に必要なコトはこの2つだけで十分と言っています。

「保湿」と「日焼け止め」です。

スキンケアに必要でもっとも効果が出る方法はこの「保湿」と「日焼け止め」だけで十分だと言っているのです。

その理由は大きく分けて3つあります。

1、肌本来が持つターンオーバーの性質を積極的に促すだけでいい。

2、紫外線による肌へのダメージを減らす。

3、一般的な美容成分は肌に浸透しないので、化粧品は意味が無い。(ムダというわけではないが・・)

高級なブランド品や有名化粧品を使っているという安心感だけで効き目がありそうな感じがしますが、じつはそうではなかったのです!!

化粧品のなかで信じられないくらい値段に差があるのは、その成分によるものではありません。

あまりに過剰すぎるパッケージ代や有名人を広告塔にしている広告費、スポンサー代などなど大人の事情で高額になっているだけなんです。

あまりこんなコトを言うと訴えられそうなのでフォローしておきますと。

高級な化粧品を使うのはムダでは決してありません!意味がないというだけなんです!!

って「アメリカ皮膚科学会(AAD)」さんがおっしゃっています。

皮膚科学会も認めた!おすすめスキンケア方法とその商品に驚愕します

突然にこんなことを言われても、じゃあ今までわたしがやってきたコトってムダだったの??となりますよね。

そんな方に落ち着いていただくために、もう少し深堀りしていきますね。

1、肌本来が持つターンオーバーの性質を積極的に促すだけでいい。

人間の肌は本来、「肌細胞の生まれ変わり」が毎日行われています。いわゆるターンオーバーってやつです。

もともと人間が持っているその機能だけで十分なんです。お肌は健康にそして若々しさを保つことができるのです。

そのターンオーバー機能を最大限に発揮させてあげられるのが、「肌の保湿」になるわけなんです。

「肌の保湿」とは、お肌の水分を蒸発させないようにすることが目的です。そのためには、皮膚に膜をはる必要があります。それが可能なのは保湿剤になります、保湿剤とは分かりやすく言うと「油」です。

~大事なポイント~

・肌に何もしないと老化する→不正解

・ターンオーバーが劣ると老化する→正解

2、紫外線による肌へのダメージを減らす。

肌がダメージを受けるいちばんの大きな要因は「紫外線」です。

紫外線により皮膚が焼けることで、肌のやけど(炎症したり痛みが出たり)、最悪の場合はシミができてしまったり、ガンの原因にもなってしまいます。

とうぜん、ダメージを受けた皮膚はボロボロの状態になってしまいます。。

ですから、美容のことだけでなく健康を守るという意味でも日焼け止めはやっておいたほうが絶対にいいのです。

日焼け止めにもたくさんの種類があるかと思いますが、「アメリカ皮膚科学会(AAD)」がオススメしているのは、

広域スペクトラム→様々な紫外線の波長を吸収してくれるもの

SPF30以上→SPFとは紫外線を防止する効果を表す数値です。(高ければ良い)

防水→汗で日焼け止めが落ちるから。

3、一般的な美容成分は肌に浸透しないので、化粧品は意味が無い。

一般的な美容成分は肌には浸透しません。つまり、美容成分が肌に浸透して、お肌が潤っているわけではないのです。

水分の表面張力の作用も働いたり、もしくは美容成分の分子が大きくて肌に入っていかないなど、色んな理由で浸透しないのです。

理論上それらの成分が肌細胞に働きかけたとしても、肌には入っていかないので意味がないということになるのです。

この記事を読んでいる方の中にも高級化粧品とかを使ったら「肌が前よりきれいになった」「最近、肌の調子が良くなった」という人もいるかと思います。

でもそれは保湿剤(油成分)が入っているからであって、美容成分が作用しているわけでは無いのです。

スポンサードリク

とはいえ、一般のコスメは「全くムダ」というわけではなく、「意味がない」ということなんです。

保湿剤だけで肌の水分蒸発を防ぐことが十分できるので、コスメ買ってもいいけどお金がもったいないよ。。てのが、「アメリカ皮膚科学会(AAD)」のご意見です!!

ちなみに、良く言われる「毛穴が開く」というのは嘘らしいですよ。物理的に毛穴ってのは開いたり、閉じたりはしないそうです。

皮膚科学会&わたしのおすすめスキンケア商品はこれ!!

では「アメリカ皮膚科学会(AAD)」のアドバイスを参考にした、「アメリカ皮膚科学会(AAD)」と私個人がオススメするスキンケア商品をご紹介します。

科学的にも証明されているおすすめ保湿剤!!

おすすめの保湿剤は天然のオイルとワセリンです。

食べられる天然のオイルで髪の毛や顔・全身に使用できるもの。ただ、溶けやすいので外出時や運動して汗をかくなどの時は、「ワセリン」がおすすめ。




科学的にも証明されているオススメの日焼け止め!!

さきほどもご紹介した条件でのご紹介になります。

広域スペクトラム→様々な紫外線の波長を吸収してくれるもの

SPF30以上→SPFとは紫外線を防止する効果を表す数値です。(高ければ良い)

防水→汗で日焼け止めが落ちるから。

こちらがすべて含まれている日焼け止めはこちらです。



付け加えになりますが、お肌の弱い人用にはこちらの商品がおすすめです。多少SPFは落ちますが、機能的に問題なく使用できます。

海などで使う場合ではなくて、日常で使用する場合の日焼け止めは、こまめに回数を分けて塗るようにしましょう。(2時間おきくらい)


スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です