【朗報】ダイエットで痩せられなかった人へ肥満遺伝子検査キットとは

スポンサードリク




いろんなダイエットを試してきたけど、いまいち効果がでていない、自分のやり方は身体に合っていないんじゃないか?

とまわりのスリムな女性を眺めながら感じたことってありませんか?

ダイエットでがむしゃらに絶食・運動・生活改善をしてもなかなかうまくいかないことってありますよね。

私の周りの女性も、とりあえず絶食して運動!なんてことを繰り返してはリバウンドして・・・の繰り返しの方が非常に多いイメージです。

若い時って代謝がすごく良くて、少々食べ過ぎたくらいじゃぜんぜん太らない体質でありそんな時期なんですよね。

でも過度のダイエットによるストレスで暴飲暴食が避けられなくなったり、自分は人よりもたんぱく質の分解力が低かったり、または脂肪燃焼力の弱さであったりと、自分の身体を把握していればもっと楽に効率的に痩せられるんじゃないかと思うのです。

そんなダイエットで悩んでいるあなたにとっておきの秘密兵器をご紹介!!今注目されている遺伝子検査のひとつ。

「FiNC 肥満遺伝子検査キット」です。

なにやら、難しそうな名称ですが、簡単に言えば肥満に関しての細胞・遺伝子を調査することで肥満に関する遺伝的傾向をつかみます。

そうすることで効率の良いダイエットライフを送れるのです。

ダイエットで痩せられなかった人へ肥満遺伝子検査キットとは

まず、3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質の3つの項目に関係する個人の遺伝子を分析し、肥満に関する遺伝的傾向を明らかにします。

・糖質による太りやすさ

・脂肪燃焼のしやすさ

・たんぱく質の分解力

肥満と糖質の関係をおさらい

そもそも、糖質とはなにかご存知でしょうか?知ってるよ!って人にはごめんなさい。

糖質は炭水化物、タンパク質、脂質、の三大栄養素にあたる炭水化物の一部です。

炭水化物とは、人が消化吸収できる「糖質」と消化できない「食物繊維」の二つから成り立ちます。

今回注目する糖質の主な役割は、重要なエネルギー源の一つになることはもちろん、脳や神経の活動を左右するエネルギー源になることです。

「糖質が太る原因だ」といわれる理由は糖質そのものにあるのではなく、摂り過ぎが原因なのです。

まず炭水化物の一日の摂取量を大まかに知っておきましょう。

炭水化物の推奨摂取量は明確には定まっておらず、日本人の食事摂取基準では総摂取カロリーの50~65%が炭水化物であることとされています。

糖質制限ダイエットによる効果を感じるための仕組みとしては大きく二つのことが考えられています。

1、一つ目は、体内にある中性脂肪がエネルギー源として利用されることです。体のなかで糖が足りなくなると、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解されるので、結果的に脂肪の減少につながるのです。

2、二つ目は、糖質を制限すると血糖値の上昇が抑えられ、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌も抑制されるためです。インスリンは血糖値を下げるために血液中の糖を脂肪細胞に取り込むよう命令を出すホルモンです。つまり、インスリンの分泌量が少なければそれだけ糖が脂肪細胞に取り込まれなくなり、結果として太りにくくなるというわけなんです。

スポンサードリク

脂肪と食事の関係

では単純に脂肪の多い肉類やフライ・天ぷらといった油脂を多く摂ると、それが体脂肪として、身体に蓄積してしまうのでしょうか?

脂肪のとりすぎで体脂肪が増えることはありますが、それ以外にも、例えば果物や大豆製品のように脂肪が多くなさそうな食品でも、必要以上に食べればエネルギーオーバーになり、余ったエネルギー量は、脂肪という形に変わって体内に蓄積されることになるのです。

定番である「お菓子類」をよく食べることも体脂肪が増える原因の一つです。

ケーキでなく和菓子を選んだり、甘くないおせんべいを選んだとしても、量や頻度が多ければ体脂肪の原因になるんですよ。

また、体内に脂肪が蓄積されやすい時間帯は、夜から夜中にかけてです。

夕食が遅かったり、夕食後にお菓子や甘味飲料などを摂ると寝ている間に、それを材料にして脂肪が蓄積され太る原因になります。

タンパク質と体の関係

タンパク質が筋肉を作りたいときや強化したいときに欠かせない栄養素であることはよく知られていますよね。

タンパク質が不足してしまうと病気になりやすくなる、成長期に十分な成長が望めなくなるといった可能性が考えられます。逆に摂りすぎると、消費しきれないエネルギーで太ってしまうことも。

タンパク質が豊富な食品、特に肉や卵は比較的カロリーが高いです。

タンパク質をもっと多く摂りたい一心で、たくさん食べてしまうと結果的にカロリーオーバーとなり肥満を招くということにもなりかねません。

カロリーをおさえつつ高タンパクを意識することはとても大切。

そのためには脂肪分の少ない食品を選ぶ、油を必要以上に使わないといったことが大きなポイントです。食材や調理法を工夫して、高タンパク低カロリーの食事を心がけましょう。

気になる肥満遺伝子検査キットの使い方や詳細とは

検査結果はアプリで簡単チェック

検査後およそ2〜3週間程度で携帯電話のアプリから検査結果を確認することができます。

検査結果は専用アプリ内の「検査結果」の項目に表示されるので、いつでも気軽に確認できます。

あなたの遺伝子結果から3つの肥満タイプを明らかにし、専属FiNC管理栄養士から生活習慣の改善方法をアドバイスしてくれるのです。

FiNCから届く3つの生活習慣アドバイス

1、リスクの予防方法

2、体質・疾患について

3、身体への影響

例えば、糖質・脂肪・タンパク質リスクタイプと診断された方の場合だと、こういったアドバイスが提案されます。

FiNCでは体質の説明・原因をちゃんと説明してくれた後に専門家・管理栄養士が正しい生活習慣や理想の食事メニューまで細かく教えてくれるんです。

ヘルスケアのスペシャリストの方々が検査結果を照らし合わせて、個人に合ったタイプを判断し、適切な対策を提案してくれます。

結果が届いたその日からあなただけの健康生活を始められます。

気になる検査方法は??

遺伝子検査と聞くと、なんか検査をするにしても「大変そう」とか「怖い~」とか感じてしまいますよね。

私もはじめて遺伝子検査を知った時は、「入院検査なのかな?」「遺伝子検査って手術みたいにやるのかな??」などと恐怖に震えたことを思い出します。(笑)

しかしご安心ください!昔の遺伝子検査だと病院に行って血液採取での検査が行われていたそうで、お値段も凄く高いものだったそうなんです。

全体的な遺伝子を検査するものであれば30~80万円くらいの費用がかかる大掛かりな検査だったらしいです。

でも今は、検査キットや検査施設の向上ですごくお手軽に遺伝子検査が受けられるようになりました。

検査は簡単3ステップ

血液採取の必要はなく、針や注射を一切使用しません。

中に同封の説明書のとおりに進めていけば超簡単に遺伝子を採取することができます。

あとは返信用の封筒に入れて郵送するだけ!その後、およそ2〜3週間程度で携帯電話のアプリから検査結果を確認するだけなんです。

キットが届けばご家庭で簡単に遺伝子を採取できる時代にわたくし驚きでございます。痛みも苦労もありません、お子さんやお年寄りの方にも抵抗なくご使用していただけるのも人気の秘密だと思います。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です