ハゲに育毛剤って効かないの?!意外と知らないその効果と効能とは

スポンサードリク




年をとるごとに年々、髪の毛の量が気になってきますよね。これは遺伝なのか、それとも生活習慣?ストレス的なものなのか??

どこから対処していけばいいか分からなくなってしまいます。

いろいろ悩んだ末に、最後の望みを託し、誰にも知られずに「育毛剤」を購入!!

これで安心と思いきや全然フサフサにならないではないか!!(怒)

そんな方たちに意外と知られていない「育毛剤」の性質や効果・効能についておさらいしていきましょう。

わたしが調べたコトを知ってもらい、正しい方法で薄毛対策に取り組んでいただけたら以前よりは少しでも改善するかもしれませんよっ!!

薄毛に育毛剤って効かないの?!意外と知らないその効果と効能とは

まず、第一に育毛剤ってどういうものなのでしょうか。自分が使用する製品の性質・特徴を理解しておくことは、効果を出すためにとても大事なコトなのです。

わたしが調べた育毛剤のコトを簡単に説明すると、

「今現在、生えている髪の毛の健康状態を良くし、その後の脱毛を防ぐ。」

ということになります。

つまり、育毛剤というものは髪の毛を生やす目的のものではなく、いま生えている髪の毛の健康状態を健やかに保ち、未来に起こる可能性のある脱毛(ハゲ)を防ぐという役割なのです。

日頃におこる、生活習慣の乱れやストレスなどの外的要因から頭皮や髪の毛の環境をいい状態にして、それを保つということなのです。

薄毛に効果的なのは発毛剤?!

では肝心の、髪の毛を生やすためにはどういうアプローチが必要になってくるのでしょうか。

結論を言うと、「発毛剤」です。

育毛剤と発毛剤は、ネットや販売されている商品の中ですら、そのワードは混同されがちです。

スポンサードリク

そのため、育毛剤でも発毛剤でも同じ効果が期待できると思ってしまうことになるのでしょう。

ココまでくると、お分かりかもしれませんが、髪の毛を生やす効果が認められているものは「発毛剤」になります。

気をつけていただきたいフレーズをあげておきますね。

・育毛剤→髪の毛の環境を整える

・発毛剤→髪の毛を生やす

・発毛促進剤→髪の毛を生やすことを促す

この3つにはそれぞれ目的が異なっています。みんな薄毛対策には効果が期待できると思いがちですが、厳密には違うんです。

しっかりと、商品の目的を理解して、言葉のあやに惑わされないように気をつけましょう!!

ちなみに、発毛に効果があると正式に認められている成分としては

「ミノキシジル」「リデンシル」

この2つが2019年において、もっとも有名で効果が期待されている成分になります。

もしも、薄毛でお悩みの方はこの成分があるかないかで大きく結果が異なってくるかもしれませんので、参考にしてみてください。

わたしが思う最も効果的な「薄毛対策」は。。

まず、発毛剤で髪の毛を少しでも生やす。そして新たに生えてきた貴重な髪の毛を守る意味合いも込めて「育毛剤」でケアしていくというものです。

育毛剤と発毛剤のダブルアプローチで効果が数段アップするんではないでしょうか。

むかし薄毛で悩んでいた地元の先輩からこんなコトを聞いた事があります、

「ハゲ対策で2種類の商品を使い分けてから急にフサフサになり始めたよ!!」って。。

まさにこのダブルアプローチのやり方だったのではないでしょうか。

改めてなんですが、わたしは専門のお医者さんでも、その業界の人間でもありません。

だからこそ、まわりの情報にとらわれない正直な考え方ができるとも思っています。大人の事情に振り回されないように自分にあった良い商品を見つけてくださいね!!

※関連記事はこちらです

【超真実】ハゲが治らないのは育毛剤を使ってるから!これを読めばすべてが分かる!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です