磯野貴理子の離婚理由について30代後半の既婚男性が思うコト!

スポンサードリク




芸能人の磯野貴理子(55)が、24歳年下の夫と離婚したことを19日放送のレギュラー番組「はやく起きた朝は…」で報告し、その離婚理由が話題となっています。

2人は2012年9月に結婚し、およそ7年間のあいだ苦楽を共にしていました。

そんな2人のあいだになにがあったのでしょうか??

磯野貴理子の離婚理由に世間では様々な意見が・・

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2012年から7年間のあいだに様々な出来事が報道されていましたね。

旦那さんの浮気報道や磯野貴理子さんの急な脳梗塞による芸能界の休業など波乱万丈の7年間だったようです。

貴理子さんの急病の時には、旦那さんが献身的に看護されていて、そのときのコトを貴理子さんは今でも「命の恩人」と感謝しているそうです。

そんな2人が離婚をせざるを得なかった理由とは。

「オレね、自分の子供が欲しいんだ」

旦那さんの口から出た言葉は、55歳の磯野貴理子さんにとってはあまりにも残酷すぎる理由だったのです。

この言葉に対して、世間では様々な意見があふれかえっていたみたいです。

「高齢の人と結婚するんだから、はじめから計画しておかないとダメだよ!」

「7年間もよく続いたほうですよ。」

「あまりにも残酷すぎる言葉にショックでした、貴理子さんが可愛そう・・」

「女性に対して言ってはいけない言葉!!」

旦那さんの言葉に対して、磯野貴理子さんが可愛そうとの意見が多かったように思います。

これを言われたら高齢の女性は何も言えない究極ともいえる言葉に考えさせられました。

スポンサードリク

磯野貴理子の離婚理由「子供が欲しい」についての私の意見・・

私は現在、30代後半の既婚男性で、子供はいません。このニュースを見ていろいろ考えさせられました。

大前提として夫婦というものには、それぞれのカタチがあり誰が意見できるものではないと思います。

しかし、わたしたち夫婦が行ってきているように日頃からコミュニケーションを絶やさずにお互いの思っているコトをぶつけ合うことがとても大事なことなんじゃないでしょうか。

今回の件でいうならば、「子供のコト」「将来のコト」などについて2人の意見を交わしておくことが重用な気がするのです。

たとえ、意見がぶつかったとしても恐れないでください!

大事なヒトがどんなコトを思っているのかが分からないほうが、よっぽど恐ろしく悲しいコトだと私は思います。

子供がいなくても、幸せな家庭はあります。その逆に子供がいても不幸な家庭もあるのです。

問題は子供がいるかいないかではないのです。

好きで夫婦になった大事なヒトのことを想えるかどうかだと思います。

勘違いして欲しくないのは、磯野貴理子さんの旦那さんが悪いと言ってる訳じゃないんです。

男性だって年を重ねるごとに気持ちに変化が出てきて当然だと思うし、自然なことです。

今回の離婚騒動で、どっちが悪いというのは無い話だとわたしは思いますよ。

ただこれだけは言えます。

あんなに苦しい言葉によって別れることになった磯野貴理子さんはこう言っていました。

「彼は悪くない、とても自然なことだと思うし、当たり前。今まで私と居てくれて感謝しかない!!」

これを聞いて涙が出てきました。

実際はテレビ用で強がってるのかもしれません、でも嘘でもあんなことが言えることが素晴らしい女性だなと思います。

愚痴のひとつも言わずに「ありがとう」と言ってのけた磯野貴理子さん。

強くて、たくましく、やさしい女性なんだと感動しました!!

そんな女性は、きっとこの先幸せになれますよっ!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です