宮迫記者会見を受け松本人志がtwitterで動く発言!ついに独立

スポンサードリク




連日の吉本興業における闇営業問題。ついに吉本興業から契約を解除され実質のクビ宣告を受けた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、都内で、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と一緒に会見を行いました。

私も見ましたが、率直な感想を言うと、お二人はとても反省しているように見えていました。

形だけではなく、自分達の未熟さに深い反省を示していたように思います。

そして、それ以上に強い気持ちを高ぶらせていたのは、自分が所属している吉本興業の対応についてでした。

吉本興業に対して、悲しさと怒りが最高潮に達している様子でした。

あれを見た視聴者のみなさんは、誰もが

「吉本興業ってヤバくない??」となったはずです。

それから間もなく、ある芸人がツイッターを更新したことが話題になっていました。

そうなんです、全芸人がリスペクトしている松本人志なんです。

引用:twitter

闇営業事件発覚から、宮迫博之が契約を解除され、決死の会見を開き、松本人志が動きその先にあるものを考えてみたいと思います。

宮迫記者会見を受け松本人志がtwitterで動きます発言!ついに独立か?!

岡本昭彦社長のお前らクビにする発言。決死の記者会見!!

記者会見で、宮迫博之と田村亮が詐欺被害にあわれた方やその関係者すべての人に謝罪をした上で、涙を浮かべて訴えたかったことがありました。

それは吉本興業が記者会見を止めていたということなんです。

岡本昭彦社長はこう言い放ったらしいのです。

「やりたければ記者会見をやればいい、そのかわり連帯責任として全員をクビにしてやるからな。それでもいいならやればいい。俺にはその力がある」

と2人は言われてしまい、自分達が正直に謝罪をしたかった記者会見を出来ずにいた。。と打ち明けていました。

会見で田村亮は、「弁護士を立てたことによりはじめて、この会見をすることができた」と述べている。

それを受けた吉本興業の上層部たちは、「悲しい」と表現していたらしいのだが、そんな会社に限界を感じたと号泣していた。

会社側は、記者会見を開くことによって、今までにある様々なブラックな行為がバレるのを恐れてのことだと思いますね。

でもよくよく考えてみれば、決して良いことではないのだけれど、人生を棒に振るほどの大袈裟なことではないと思う。

芸人達は犯罪を犯したわけでもなく、ただ守るべきもののために嘘をついてしまっただけのことなんだよね。

でも会社側は、余計な膿が出ないように、切り捨てただけのコト。

人に笑いを提供する会社がやることじゃないね、ほんと笑えない。。

こころ優しき天才の想いとは・・・

事件発覚当時から松本人志は、今回の当事者のいちばんの先輩である宮迫博之に話はしていたようです。

お金を受け取っているなら、正直に話したほうがいい。みんなの前で正直に話して謝罪するべきだ。

と進めていたようなのですが、宮迫博之はそれには賛同しなかった。

会社からの圧力がかかり賛同できなかったのかもしれないが・・・

そして、宮迫博之の嘘発言をうけた松本人志は番組内で、「悲しい」と涙をにじませていたが、彼のためにできることはやりたいとも発言していた。

彼の発言には、いくつもの想いが入り交ざっていそうな苦しさが見えた気がします。

スポンサードリク

彼の大阪時代からのフアンですが、彼の発言やコントにはいつも妙な悲しさや優しさが存在しているのです。

ついにその時が来るのか?ダウンタウンが事務所立ち上げで独立?!

今回の記者会見の後、松本人志のtwitter発言が話題となっていたのですが、ツイッターが更新される前から、様々な人から松本人志へ投稿があったようなんです。

「2人を助けてあげてください」

「なんとかなりませんか?」

「浜田さんと独立していい会社をつくってください」

「吉本を変えれるのはあなたしかいません!」

などと、信頼され頼りにされているんだなと再確認しました。

それを受けてかどうかはわかりませんが、ついに彼が動いたのです。

後輩芸人達は不安よな。

松本 動きます。

この言葉、シビれますよね。

世間体や人に良く見られたいなどの、思考はまったく持ち合わせていない、本質だけを追求し続けている天才はこの機会をどうとらえ、どういう風に動くのか??

■会社の暴露話を公表した2人を戻れるように助ける

■いっそ芸能事務所を立ち上げる

■吉本上層部を入れ替える

わたしのような一般市民が思いつくのはこれぐらいなのですが、彼の非常識的な思考からでてくる解決策に今世紀最大の注目が集まりますね!!

心優しき天才、松本人志の伝説!!

これはかなり有名な話なんですが、某有名歌手が自殺まで考えていた時に、松本人志のコントを見て、思いとどまったらしいのです。

またある有名な芸人が自分の生い立ちや境遇に嫌気がさして、人生をあきらめかけた時に松本人志が出ているテレビドラマ「伝説の教師」をみて頑張ろうと決心したのだとか。

そんな逸話からできた??歌が「日曜日よりの使者」とも言われていますよね。

実際わたしも、若いときに超絶ブラックな会社で働いていた時代(基本的に睡眠は3~4時間)に、彼の作品に助けられました。

冗談抜きで、当時は彼のつくる作品が唯一の安らぎでしたから。

松本人志の笑いって、ただただ面白いだけじゃなくてなんかうまく言えないのですが、

「悲しさ」

「やさしさ」

「懐かしさ」

「あたたかさ」

のようなのがあるんですよ。不思議です。

あとはラジオ(放送室)での会話だったのですが、アメリカとの戦争の話になった時に、俺らのおじいちゃん達は命がけで戦ってくれたと涙を流しながら話していましたね。

とにかく、感情豊かなとってもやさしい人なんだとわかります。

松本さんが作詞した「チキンライス」も超絶ほっこりする歌詞ですもんね。

ツイッターで投稿されていた記事です。

松本さん・・・さすがやわ。
昔、2丁目劇場の近くで妹が車にひかれそうになったのを松本さんが「危ない!」って手を引っ張って助けてくれたのを思い出しました
今更ですがあの時はありがとうございました!
あの時も・・・今も・・・松本さんは神です

松本人志を応援します。

よしもと興業を変えられるのは、さんまさんでは無く、まっちゃんだと思うから。
こんな世の中間違えてるよ。

私達、一般人もこの行く末をしっかり見てるからね。
まっちゃんが悪者にならないように、声をあげるからねー。

松本さんが普段からよく言っているコトです。

「中途半端な正義は、いちばんの悪や!!」

さすがです!悪い人たちを退治してくださいね!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です