日本人はマジメ過ぎ?!本気で遊ぶ大人は幸せを感じることができる?

スポンサードリク




あなたは、何のために仕事をしていますか?お金のためですか?

ではなぜお金のために働いているのですか?

生きるためですか??

ではどうして生きているのですか?

人は生きていかなくてはいけません。生きていく中でみんなはどんなことを想いながら生活しているのでしょうか?

みなさんに共通していることは、「幸せになりたい」「豊かな暮らしがしたい」ではないでしょうか。

個人によって、多少の価値観は違うでしょうが、「自分の人生を不幸に生きていきたい」と思う人はまずいないでしょう。

ほとんどの人たちは生きていくためには働かなくてはいけません。

その「働く」ということと「幸せ」との関連性についてお話していきましょう。

意識の持ちようで、今後の人生が明るく楽しいものになるかもしれませんよ!

日本人はマジメ過ぎ?!本気で遊ぶ大人は幸せを感じることができる?

まず結論から言いますと。

「仕事場や仕事中にふざけている人は幸せになれる確率が高い」

という研究結果が出ているみたいなんです。ふざけていれば単純に楽しいからという理由ではありません。

勘違いして欲しくないので解説しておくと、ここで言う「ふざける」とは、

・どんなに忙しい状況でも物事をポジティブにとらえる

・困っている人やツライ状況の人への気使い(冗談やユーモア)

・たとえ仕事中でも、楽しい雰囲気作りを忘れない

・立場や上下関係を多少崩せるくらいの大きさ(人間力)

なにも、オチャらけていれば良いという訳ではありません。

中には、仕事中は絶対に笑ったり、冗談を言わない人やそうするように決めている人。

取引先のお客さんとの冗談トークは一切しない人。

スポンサードリク

つねにカリカリ、イライラしていて余裕が感じられない上司や先輩などなど。

こういった人たちに比べると、先ほど紹介したような「ふざける人」は、より「ポジティブな体験を増やすことができる」ということが分かっています。

それはつまり、幸せを感じられることになるのです。

どんな時も常に「ふざけられる人」ポジティブな体験を増やすことができる幸せを感じられる

大人が本気でふざける(遊ぶ)コトは、幸せになれる確率が大幅にアップするだけではなく、仕事の生産性も向上することも分かっているのです。

性格的にふざけたり、明るいタイプではない人はどうするべきか?

でも、そんなコト言われても性格的にネガティブで内向的だし、人の前でふざけたり、明るく振舞うことなんてできない。。

そう感じる人も少なからずいるでしょう。

でも、もともと内向的な性格の人のほうがクリエイティブな思考があるとされているんです。

何かを大成功させた人や物を生み出す(作り上げる)お仕事の人は、意外と内向的な性格の人が多いみたいなんです。

つまり、思考的にはできるはずなので意識することで徐々に慣れていくのではないでしょうか。

「ウケなかったら馬鹿にされる」

「恥ずかしくて勇気が出ない」

「自分はそんなキャラじゃない」

などいろんな意見はあるかと思いますが、勇気がいるのは最初だけです。

普段言わないコトを言うと周りは、「こいつこんなコトも言えるんだ。」「こんな考えも持ってたんだ」と見る目が徐々に変わっていくものです。

ここぞという真剣にやる時は、ちゃんとしなければいけませんが、それ以外は楽しい中にも厳しさを交えながらやっていけばいいと私は思います。

1回こっきりの人生ですよっ!

耐えしのぐ人生なんて流行りませんから!!

最後にひとつ、やる気がどうしても出ないときの超絶かんたんな対処法を。

「背筋をピンと伸ばして、体中に力を入れる(3秒くらい)」

これだけで、やる気スイッチが入るみたいです。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です