【一点集中】スキルアップを図る上で大事なのは生活全てを捧げるコト

スポンサードリク




仕事でも趣味でも何ごとにおいてもスキルアップしたほうが絶対に楽しいし、そのこと自体をもっと好きになるはずなんです。

・何かを始める→成果が出ない→つまんない→辞める→終了。

・何かを始める→成果が出る(スキルアップ)→楽しい→のめり込む→もっと楽しくなる→さらにのめり込む→さらなるスキルアップ→ループしていく。

楽しそうだから始めてみたけど、思った以上に成果が出なくてモチベーションが続かなく辞めてしまった経験ってありませんか?

それはとても勿体無いコトだと思うんです。

せっかく興味があって始めたのに、成果が出ないからと辞めてしまってはその本質を感じる前に辞めてしまうことになります。

素晴らしい経験を逃してしまっている可能性すらあるんです。

そんな、スキルアップの大切さとその方法を解説していきます。

スキルアップを図ることは自分を好きになること

スキルアップをすることは、単純にその技術や知識だけを成長させることではありません。

それにともない、それ自体のことを詳しく理解できて今まで以上に好きになったり、さらに詳しく知りたいと思うようになってくるのです。

ゲームなどでも同じなのですが、やり始めはぜんぜん強くなくて直ぐに敵にやられたりゲームオーバーになってしまいます。

そうすると「このゲームつまんない~」ってなって辞めてしまう人が続出します。

でもその中には、「もう少しだけでも強くなろう」とか「絶対にクリアしてやる」なんていう人が出てきます。

そういった人がだんだんとスキルアップをしていき、そのゲームにのめり込んでいくのです。

自分の成長を実感していく中で、自分に対して愛情も育まれていきます。頑張った自分に対しての賞賛ですね。

【一点集中】スキルアップを図る上で大事なのは生活全てを捧げるコト

スポンサードリク

ではスキルアップを図る上で効果的な方法というものはあるのでしょうか?

結論から言うとズバリ。

1日のうち24時間、そのことについて考えて思考錯誤し続ける!

当たり前のようですが、これにつきます。私の経験上からも間違いはありませんね。

私が若いときの話なのですが、その仕事にガチンコで向き合っていた時期があります。

朝の6時から翌日の2~3時まで、文字通り朝から晩までその仕事のコトしか考えていない時期がありました。

狂気とも言うべき状態でしたね。

とにかく意識がある時間帯はとにかくそのコトに一点集中するのです。ああすればもっと良くなるのかな?こっちのほうがいいのかな?

なんてことをひたすら考えて行動に移し続けるのです。確実にそれに対する熱量イコール成果なんです。

<熱量=成果>

どれだけそのことに時間や神経を捧げられるかで、成果の大きさが違ってきます。

一日中そのことに意識がある状態だと、ふとしたコトで名案がひらめいたり意外な方法を思いついたりするものなんです。

例えばの例を挙げてみます。

今あなたは、旅行についてひたすら考えているとします。すると普段は目に付かない駅の旅行に関する広告やチラシに目が行くようになります。

テレビや雑誌などでも、自然と旅行に関する記事に目がいくようになってしまいます。

人の会話などでも一緒です。誰かが旅行について話しているとどうしても気になり聞き耳を立ててしまうものなんです。

つまり意識改革を自分で行うという「セルフプロデュース」なんですね。

今回ご紹介しているのは、あくまでスキルアップを図る上でもっとも効果的な方法です。

ベターな方法ではなくベストな方法なんです。

つまりスキルアップが一番できる方法であるわけで、当然それに対する犠牲も致し方ありません。

これは私の体験した事例です。

圧倒的なスキルを獲得するための犠牲

・友人が少なくなる

・恋人とは別れる

・趣味がなくなる

・つねにピリピリしている

・ほぼ遊びがなくなる(プライベートでの)

じゅうぶんに想像できる事柄ばかりなのですが、簡単に言うとそれ以外のことを諦めるということです。

スキルアップ(成果)が直ぐに欲しい方や自分が納得する成果が出せていなく悩んでいる方におすすめの方法です。

スキルアップのために失うものが多いと先ほど紹介しましたが心配ありませんよ。

あくまで頑張っている期間だけの話なので、スキルアップをして想像以上の成果が出せたなら、過去に犠牲となって失ったモノなんて秒で取り戻せますから。

取り戻すというか、過去にあったものがパワーアップした状態で手に入ります。

自分と人生を賭けて挑むということはそういうことなんです。

一度きりの人生に、そんな期間が少しくらいあってもいいんじゃないでしょうか。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です