プロが語る高級レストランよりバーベキューのほうが美味しい訳とは?

スポンサードリク




料理人歴20年の私が言うのもおかしい話なんですが、

「高級レストランで食べる高級料理よりも、バーベキューで食べるご飯のほうが美味しい」

これについてお話していきたいと思います。

厳選された食材を使い、最高のスキルを持った料理人がつくる料理よりも、バーベキューで食べるような安いお肉や魚のほうが美味しいなんてありえないと思う方もいると思います。

そんな方へ、「料理」「食事」とは何なのかという原点に戻ってみたいと思います。

これを読んでくださった方が、少しでも「食」の幅が広がれば幸いです。

プロが語る高級レストランよりバーベキューのほうが美味しい訳とは?

いきなりですが、質問です。

Q:あなたは今現在、ひどい風邪で寝込んでいます。会ったこともない、一流の料理人が作るフランス料理のフルコースと大好きなお母さんや恋人・奥さんが作る、ふっくらの卵でとじられた梅干雑炊とどちらが欲しいですか??

スポンサードリク

A:だいたいの人は雑炊を選ぶことでしょう。

これこそが食の原点なのです。

食事とは、単純にお腹をふくらませるだけの行為ではなく、その時の雰囲気・状態に合った空間で食をいただくという行為なんです。

とうぜん、味の感じ方も変わってきますよね。

風邪で寝込んでいる高熱のときに食べる、フルコースの料理なんて拷問以外の何者でもありません。

それよりは、安心できる場所で大好きなひとが作る料理がいちばん美味しく感じるはずなんです。

味を構成するうえで、「舌」が味を感じる割合は全体のなんと2%ほどだそうです。

つまり私たちが味を感じているのは、その空間の雰囲気だったり、かかっているBGMや香り、料理の温度・食感・におい・接客などによって構成されているんです。

たとえば、100均のパンを高級レストランで提供しても、「これ、いつも食べてる100均のパンだろー」って言う人はいないはずなんです。

人の感覚はイメージや固定観念に大きく左右されているんですね。

でも、そこがわれわれ人間の不安定で面白くもかわいい所なんですよね。。

何かの記念日やキモチが高ぶる日に、大切な人と行く高級レストランでの食事はたいへん美味しいことでしょう。

それと同じく、大好きな友達たちみんなでワイワイやりながらのバーベキューも体感的には同じくらい美味しく感じるのです。

たとえ食材のグレードに大きな差があったとしてもなんです。

美味しいという概念は人それぞれによって違います、だからこそ限られた人生の限られた楽しいはずの食事の時間を大切にしてほしいと思うのです。

スマホなどをいじりながら食事しているそこのあなた!!

周りの人とおしゃべりしながら楽しい食事をしてみてください。

何かが変わるかもしれませんよ・・・

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です