フレンチ風エッグベネディクトレシピ&作り方動画!インスタ映え確定

スポンサードリク




今回は、アメリカの朝食として生まれ、インスタで注目を集めだして以来、若い人たちから大人気となっている卵料理「エッグベネディクト」のご紹介です。

見た目的にもオシャレで、その味も絶品です!

やわらかく仕上げたポーチドエッグにオランデーズソース(マヨネーズソース)をかけて、マフィンと一緒にいただくお料理です。

いつも同じ食卓に、彩りをプラスしたい方や恋人・大事な人へのおもてなし料理にもぴったりです。

やる前は、なんだか難しそうに思えるエッグベネディクトも一回やってみると案外簡単なんです。

インスタなんかにアップしたりして、本日のいいねは独り占めだ!!

フレンチ風エッグベネディクトレシピ&作り方動画!


上記のユーチューブ動画は、以前わたしが撮影したエッグベネディクトの作り方動画です。これを見ても十分作れるのですが、さらに細かくポイントやコツなども解説していきます。

おおまかな流れは、

1、ソースを作る

2、ポーチドエッグを作る

3、ベーコン・マフィンを焼く

4、盛り付け

この4つのパートに分けて説明していきますね。

1、ソースを作る ~エッグベネディクト~

まずは玉ねぎをみじん切りにします。そしてフライパンか小さめの鍋に白ワインビネガー・白ワインとみじん切りにした玉ねぎを入れます。

そして強火で沸かします。沸けば火力を一度弱火に落としてグツグツと煮込みます。

そしてほぼほぼ水分がなくなるくらいまで煮詰めていきます。

そうすることで、凝縮された玉ねぎと白ワインビネガーのソースになります。

玉ねぎを投入する時に、お好みでハーブを入れて香り付けをすると、より高級感がでてオシャレ料理に変身しますよ。

今回は、エストラゴンのハーブを使いましたが、バジルやセージ、大葉なんかも面白いかもしれませんね。

次にバターをレンジで溶かしておきます。

今回使用するのは、溶かしたバターの上澄みの部分だけです。下部分に沈殿している乳成分は使いません。

そして、湯煎したボウルに卵黄とレモン汁・塩・水、そして先ほど煮詰めた玉ねぎの具材を入れてひたすらかき混ぜます。

およそ5分くらいでしょうか、もったりとした状態になったら、溶かしたバターを少しづつ入れていきます。

ここでの注意ポイントなんですが、バターを入れる際には、必ず混ぜながらバターを投入してください。

いきなりたくさん入れてしまうと、分離してしまいなめらかなマヨネーズソースになりません。

大まかな分量ですが、だいたい今回の分量でマフィン2個分です。

●玉ねぎ・・・八分の一個

●白ワインビネガー・・・50cc

●白ワイン・・・・・・150cc

●ハーブ・・・・・・・適量

●バター・・・・・・150g

●卵黄・・・・・・・2個

●水、塩、レモン汁・・・・・・少量

スポンサードリク

2、ポーチドエッグを作る ~エッグベネディクト~

次に、ポーチドエッグを作っていきます。

最初に沸かしたお湯に少量の塩とお酢を入れます。これは卵への味付けと割れ防止の意味合いが含まれています。

卵を入れる瞬間なのですが、必ずなにか器に移してからにしてください。

殻のまま直接お湯に落とすと、割れてしまう可能性が高くなります。なるべくは割れずにキレイなポーチドエッグをつくりましょう。

あとひとつのポイントは、入れる瞬間にお湯をかき混ぜて、お湯の中がグルグル回っている状態の中に卵をそっと入れてあげてください。

そうすると勝手に綺麗なまん丸に仕上がります。

時間にしてだいたい、3分くらい(弱火でコトコト沸いている状態)でトロトロのポーチドエッグができるはずです。

3、ベーコン・マフィンを焼く ~エッグベネディクト~

そろそろクライマックスですよ~!!

土台となるマフィンをこんがりと焼いていきます。横半分にカットしたマフィンの切り口に、オリーブオイルを塗ってフライパンで焼きます。

香り付けにオリーブオイルを使うととても、爽やかな食感が生まれます。

焼くことで盛り付けた時に土台がしっかりして、崩れたりしません。また食べた時の食感もサクッとしていて美味しいです。

ベーコンはお好みで焼いていきましょう。一般的にカリカリベーコンがいいみたいですが、私個人的には、あるていど柔らかさがあったほうが好みです。

でもカリカリにしたほうが燻製感も強くて、味わいが広がりますけどね。まっ好みです!

4、盛り付け  ~エッグベネディクト~

それでは最後の仕上げといきましょう。盛り付けも大事な味の要素に繋がるので、綺麗に盛り付けるように心がけましょう。

カリッカリに香ばしく焼いたマフィンの上にベーコンを綺麗に並べてゆきます。

その上にとろっとろのポーチドエッグをのっけて、ソースをかけます。

ソースの量はポーチドエッグを完全に覆うくらいです。

でも、いちばん下にまでは垂れ落ちないくらいの加減です。

仕上げのアクセントとしてブラックペッパーやパプリカパウダー・セルフィーユを今回はあしらいました。

より綺麗に美味しくなるように、いろいろとアレンジしてみてくださいね!!

アメリカセレブに大人気のエッグベネディクトをフレンチスタイルでアレンジしてみました。

味は見た目どおりで間違いありません!!

普段の食卓にこんなオサレ料理が突然出てきたら、みなさんびっくりしますよ、きっと。

大切なひとの笑顔を見たいなら、明日は早起きするっきゃないですね。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です