終身雇用崩壊をトヨタ社長が発言!これからの時代に必要なコトとは?

スポンサードリク




2019年5月13日に、自動車業界トップである「トヨタ」の豊田章男社長は今後、「終身雇用を続けていくことは難しい」と事実上の崩壊を示した。

さらに経団連の中西会長も、「終身雇用なんてもう守れないと思っている」との発言。

世界的な大会社であっても、もはや安心できる時代は終わってしまっている。

さらに誰もが知っている超絶有名企業が45歳以上のリストラを実施しているそうなんです。

~45歳以上のリストラが行われている企業~

■コカコーラ

■キリン

■富士通

■NEC

■日本ハム

こんな大企業でも、就職できたら一生安泰だ!!なんて言ってられないということなんですね。恐ろしいことになってきています。

ではこれからの時代を生き抜くためには、どういったコトをしなければいけないのでしょうか?

終身雇用崩壊をトヨタ社長が発言!これからの時代に必要なコトとは?

実は、終身雇用の崩壊は何年も前から言われていたことでもあり、若干のいまさら感も拭えません。

しかし目の前にこの現実を突きつけられると、気が引き締まる思いになりますね。

今までのように、会社が個人を守っていることに安心しきっていた、ゆるゆる社員さん達にはかなり厳しい体制になることは避けられませんね。

会社にぶら下がっている、一般社員は生き残るためのスキルを身につけておかないと後半の人生に地獄を見ることになるのです。

これからの時代に求められる必要なコトとは?

ではこんな厳しい現実を生き抜いていくためには、どんなコトが必要になってくるのでしょうか?

~誰も守ってくれない社会で生き残る方法とは~

■会社に利益をもたらす存在になる

■企業・独立する

■専門のスキルを獲得する

■会社に利益をもたらす存在になる

スポンサードリク

いま所属している会社にとって手放したくない存在になることです。

会社に利益をもたらしていたり、会社にとって必要な人材である理由がスキルとして身に付いていることが重要になってきます。

大きな会社なんかでは、教育制度もしっかりしている所も多いので、会社を利用して自分磨きを徹底していく段階にきているのです。

会社に必要だとなれば、とうぜんリストラの対象ではなくなりますから。

海外にも通用するような語学を学ぶでもいいし、自分のいる部署で圧倒的な好実績を残したりですね。

とはいえ、これがいちばん難しく、ハードルはとても高いのが現状です。

■起業・独立する

はっきり言って、これがいちばんのおすすめです!たとえ違う会社に就職したところで、また同じ問題(リストラ)が出てくる可能性があります。

それならば、自分で企業・独立することをおススメします。

しかし、自分で何かを立ち上げることは、先が見えないフルマラソンのような不安や孤独感がともないます。

そういう点においても、起業・独立には精神的な熟成&タフさが必要不可欠になりますね。

雇われている頃と比べると、比にならないくらいの精神的ダメージを受けることになります。

でも、それを凌駕するタフさを身につけられて、日々の業務を試行錯誤できる力があるのなら、安定で自由な生活スタイルを手に入れることができるのです。

いつリストラされるのかと不安な気持ちで働かなくてもいいのです。

新しく起業される方に多い職種とは、

・飲食店(焼き鳥屋さん・居酒屋・バー)

・IT関係(フリーランス・エンジニア・プログラミング系)

・ブログ・アフィリエイト

・マッサージ系(資格は必要)

・株・FX

■専門のスキルを獲得する

なんでもいいのですが、だれにも負けないくらいの特化した、自分だけのスキルを1つでもいいので身につけることです。

なにか、突飛している部分があると人はそこに目が行き注目を集めます。

他企業からのヘッドハンティングや就職面接時においても好印象を与えます。

全てのスキルや知識が平均的な人よりも、なにか突飛しているような武器を持つことは、絶対に自分のためになるはずなんです。

終身雇用のない実力社会を生き抜く・・

終身雇用が崩壊している現代においては、どんなに大きな有名企業に就職できたとしても、一生安泰というわけにはいきません。

自分からは何もせずに時間だけが流れている社員さんは淘汰されていく環境になっています。

極端な表現になりますが、意味のある行動や人材だけが必要とされる時代。

会社的にも余裕がなくなってきているのでしょう。

これからは、自分の身は自分でしか守れない、そんな厳しくもあり、あたりまえの社会になってゆくのです。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です