人生に行き詰まった時、幼稚園のこどもに相談してみるといい訳とは

スポンサードリク




毎日を必死に、一生懸命に生きていても人生につまずき、行き詰まることってありますよね。

今までの努力とか苦労がぜんぶ無駄になったかのような自己嫌悪に陥ってしまい、なにもかもがイヤになってしまいます。

そんな時には。

幼稚園のこどもに相談してみるといいんです。

たとえどんなに絶望的な状況であってもです。

わたしはこれで何度も救われたし、立ち直ってきました。(実際に幼稚園のこどもに相談したわけじゃないですよ・・)

今回は、様々な理由で人生に行き詰まっている方へ、私なりの解決方法のご紹介です!

参考ていどに気楽に聞いてくださいね。

人生に行き詰まった時、幼稚園のこどもに相談してみるといい訳とは

ではどうして、人生に行き詰まった時に子供に相談すればいいのでしょうか?

結論から言いますと。

・子供→素直→余計なコトは考えない→シンプル→最短最速の解決策

まさにこれにつきるのです。私たちはだんだんと大人になるにしたがって、いろんな知識や物事の仕組みなどを知ってゆきます。

人を気遣ったり、周りの目を気にしたりもしてしまいます。

でもそれは、社会の中で円滑に生きるために必要なテクニックであったりもします。

みんな、切磋琢磨して幸せを掴もうと頑張っているんです。

しかし、時にそれが邪魔をして間違った判断をしてしまったり、ものすごく遠回りになったりしてしまうことがあるのです。

スポンサードリク

分かりやすくタイムリーな例で解説します。

~吉本興業の闇営業問題について~

・反社とのつながりが発覚する

・金銭の授受はないと発表

・その後、金銭の授受があったと謝罪

・会社を巻き込んでのドタバタ会見

ここで大きな問題となったのが、もともと金銭の授受はないと発表していたにもかかわらず、その後に発覚した嘘発言。

これはどうして起こったかと言うと、自信の保身のためなんです。

なにも保身がいけないというつもりは私はありません。家族や会社、仕事仲間たちを守るためにやってしまったことなんですから。

人は何かを守ろうとしたときに嘘をつくのですから。

ここで私が言いたいことは、間違ったときには素直に謝ればいいということなんです。

少なくとも今回の件で、宮迫さんと亮さんは素直に間違いを認めて謝罪しました。とても勇気のいる素晴らしい行動だとおもいます。

一方で吉本興業は会見で、自分達の行動や言動を認めることもせずに、嘘発言までしてしまう始末。

挙句の果てには、責任を芸人さんへ押し付けるような発言まで飛び出していました。

これこそが「悪」でありやってはいけない大人の行動なんだと思います。

彼らも(吉本興業)なにかを守るためにした行動なんでしょうが、確実に逆効果なんです。

自分達が思っている以上に周りの聞き手の人たちは、察します。

嘘や心無い言葉なんて意味ないんです。

それよりは、素直に間違いを認めて誤ったほうが許してくれるのだと思います。

何か間違いを犯してしまったら素直に謝ればいい。謝ればいいってわけではありませんが。

失敗すれば、また最初からやりなおせばいい。

嫌われたら好かれるように努力したらいい。

仕事がイヤになったら辞めればいい。

お金がなければ働けばいい。

好きな人にはスキって伝えればいい。

そう、人生はとてもシンプルなんです!!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です