【必見】仕事ができるように見せる&なる究極のテクニックをご紹介!

スポンサードリク




あなたは現在、職場で先輩や上司からどんな言葉を多くかけられていますか?

「さすがだな!」

「まったくお前は~」

「やるじゃんかよ」

「大丈夫かお前?」

どれに当てはまりましたか?

職場内で同じ方向を向いて頑張っている人たちの中で、個人の評価というものはおおむね決まっていくものです。

それは毎日の仕事のやり方や仕事に対する姿勢などで判断されていきます。

そこで今回は、まだ確固たる地位を築いていない方へ向けて、仕事ができるように見せるやり方と実際に出来るようになるテクニックをご紹介します。

この記事でわかるコト

・先輩や上司に仕事ができるように見せるやり方

・実際に仕事が出来るようになるテクニック

先輩や上司に仕事ができるように見せる&なる究極のテクニックをご紹介!

先輩や上司に仕事ができるように見せるには、普段からの仕事への取り組み方が重要になります。

普段から変わらないスタンスを保つことで、あいつはいつもこんな風に仕事に取り組んでいるんだ!と印象をつけるのです。

先輩や上司に仕事ができるように見せるテクニックとは

実はこの方法は、私が若い頃に先輩から言われたことなんです。その方法とは。

先輩や上司に質問や仕事内容を尋ねるときに、丸投げするのではなくて自分なりの見解を交えて言うようにする。

スポンサードリク

例をあげて解説してみます。

<ダメな例>

「この書類はどのように作ればいいのですか?」

<良い例>

「このように作ろうと思うのですがよろしいですか?」

お分かりでしょうか、どちらのパターンも正解(答え)がはっきりと分かっていない状況です。

ダメな例は、聞く人に対して丸投げしています。

それに対して良い例は、自分で考えたやり方を提案しながらも正解を聞き出している状態です。

たとえ自分で考えたやり方が間違っていたとしても、「こいつなりに考えた結果が違うだけだ」という風に、努力を評価してくれるのです。

何も考えないで、いきなり答えを聞くようでは何も努力せずに良いとこだけを横取りするような感覚にさせてしまいます。

とうぜん先輩や上司からは低評価のレッテルを貼られるわけです。

目上の人に何かを聞いたり指示を受けるときには、必ず自分で考えた意見を言うようにしましょう。たとえそれが正解であろうが、間違っていようが問題ありません。

仕事ができるように見せるテクニックでも継続することで身に付いてくる。

さきほどご紹介したテクニックでも継続することでだんだんと身に付いてくるものなんです。

毎回のように自分で考えた意見を持ち、それを発信し続けることでそういう思考になっていきます。

つねに自分で考える癖がついて、個人の力がアップしてゆくのです。

頭は訓練によって、賢くなってゆくものです。脳を使えば使うほど賢くなり、頭の回転が速くなっていきます。

初めは、仕事ができるように見せていただけでも、それを繰り返し継続することでしだいに身に付いていくものなのです。

いつも怒られてばかりいる人は、いちど試してみてください。

最初はいつもどおりに怒られるかもしれませんが、それを継続することで考える脳に変化していって気が付けば褒められているかもしれませんよ。

まずはできる努力からはじめてみましょう!

誰にでもできるはずです。

だって私でもできるようになったのですから。。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です