熱中症対策グッズ厳選16セレクト!全部ダイソーで買えちゃうよ!

スポンサードリク




だんだんと汗ばむ季節になってきました。夏は海水浴や花火イベント、夏祭りなどなど楽しいことがいっぱいですよね。

でも一方で、年々暑くなってきている気候のせいで、「熱中症」に苦しむ人が増えてきているのも事実なんです。

では、熱中症にかかってしまう前に、前もって熱中症のことを知っておく必要があります。

普段、テレビや広告などでよく目にする熱中症のコトは、だいたい分かるんだけど、しっかり説明してと言われると自身がないなあ??

そんな方に熱中症のコトを詳しく解説していきます!

この記事を読んでいただくと次のことが分かります。

1、熱中症の症状

2、熱中症対策

3、熱中症対策グッズの紹介

恐ろしい熱中症の症状とは

最悪のケースは、死に至ることもある恐ろしい熱中症。段階別に説明していきます。段階が進むにしたがって危険になっていきます。

第一段階:その時の応急処置で対応できる範囲の症状、比較的軽いタイプ。

めまい・立ちくらみ・汗が吹き出てくる・こむら返りがおこる(痛みをともなう)

第二段階:病院へ行ったほうがいいレベルの症状。

ひどい頭痛がする・吐き気がする・吐く・体がとてもだるくボーっとする

第三段階:入院して治療を受けたほうがいいレベル。

意識がない・体温が異常に高い・痙攣している・まっすぐに歩くことができない(走れない)・会話の返答がおかしい

その場でできる身につけておきたい熱中症対策とは

熱中症対策としていちばんに挙げられるのが「水分補給」です。

これは間違っているわけではないのですが、それだけでは返って症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。

夏のアツい時期において、高温多湿になった環境下で30分を超える長時間のお仕事やスポーツなどにより大量に汗をかくと、体内の水分と一緒に塩分やミネラルも奪われてしまいます

その状態で水分補給のみを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内中の塩分やミネラルの割合)が低くなり、熱中症の症状が悪化するのです。

忘れがちになってしまいますが、水分を摂取するとともに「塩分」も一緒にとることが重要になってきます。

塩分に加え糖分も一緒にとれるスポーツドリンクがおすすめです。

そのほかの対策として、軽い症状時の対処法は、まず涼しい場所に避難しましょう、そして衣服をゆるめて体を冷やすことが大事です。

その時、足を高くして氷や水で首・脇の下・足の付け根などを冷やして休むとより効果的です。

スポンサードリク

熱中症対策グッズ厳選16セレクト!全部ダイソーで買えちゃうよ!

では自分でできる、熱中症対策グッズをご紹介します。今回はあえて100均のダイソーで購入できる商品だけをピックアップしてみました。

普段使用することになるのでそんなに値段がするものは経済的にも苦しくなり、お財布が熱中症になってしまいますもんね。

冗談はほどほどにして、100均(100円ではないものもあります)のダイソーで買える、熱中症対策グッズのご紹介です。

1、汗拭きシート:実にさまざまな可愛い種類のものが取り揃えられています。サンリオキャラ・キキララ・マイメロなど選ぶのが楽しくなります。

2、扇子:こちらもお子様向けのものから落ち着いた大人用まで幅広く揃っています。中には防水のものもあり、子供と水遊びする時におすすめです。

3、USB扇風機:コチラは300円の商品なのですが、爆発的な人気商品です。この安さで音も静かで十分涼しいんですよ!ちなみに100円のミニ扇風機もあります。

4、ウォーターミストファン:風とミストの力で冷やしてくれます。お子様がいらっしゃる方にはベビーカーに付けてもいいかもです。こちらも250円で売り切れ続出です。(色は水色と白色があります)

5、冷却アイマスク:目・頭・首などを冷やせます。パソコンなどの事務作業用にどーぞ。

6、冷却スプレー:150mlで香料・無香料があります。はっきり言ってお得です。

7、保冷剤:こちらも可愛い種類がたくさんあります。ペンギン・白くま・フルーツなどなどお子様にもウケがいいです。タオルなどを巻いて使うと1時間くらいはもちます。マクラ用のクールピロー(200円)もあります。

8、ジェルマット:タオルを巻いてお昼寝するときなどに便利です。(200円)

9、遮光ネット:遮光率70%の遮光ネットです。200円で188cm×400cmとお得。お花やペットを日差し・暑さから守りましょう。

10、日よけマット:車の窓の日よけに最適です。窓際が暑くなる場合は家の窓に設置するのもいいかもです。

11、お弁当抗菌シート:この時期になると暑さにより中の食材がいたんでしまいます。それを防ぐためのシートです。

12、クールタオル(首元ひんやりジェルパット付き):水に濡らすとひんやり冷たくなり何度も使うことができます。衣服が濡れるのが嫌な方は、ジェルパットをタオルに巻いてご使用ください。

13、アイスバック:水枕や保冷剤を作り忘れた緊急用に便利な商品です。氷をこのバックに入れるだけで超簡単。お子様の急な発熱にも対応できる。

14、瞬間冷却パック:平らなところに置いて、叩くだけで瞬時に冷却されます。瞬間的に冷やしたい時に便利です。首用の細いタイプもあります。

15、ロングドライブ手袋:今年のトレンドで200円。65cmとゆったりしていて二の腕から指先までしっかりカバーしてくれます。冷感素材を使用しているため、外出中もひんやり快適!!

16、涼感シートクッション:こちらも冷感素材を使用。300円しますが、座るだけでひんやり持続性があります。車の運転時やパソコン作業中には欠かせない!!

以上が100均ダイソーで買える、熱中症対策グッズの紹介でした!しかし今の100均の充実さにはほんとに驚きでねす。

100均屋さんだけで生活できそうな勢いですもん。100均のあるあるなんですが、値段が100円じゃないものが多すぎぃ~~~。

まあでも、そこは許すっ。

このお値段でこんな商品買えるなんて幸せですから!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です