ゴキブリ対策で最も効果的な方法ランキングトップ4決定版!!

スポンサードリク




暖かくなってくると急に現れ、われわれの心臓をドキッとさせるヤツがいます。黒光りしていて、動きが早く恐ろしい「ゴキブリ」です。

どんなにメンタルが強い人でもいきなり現れたアイツに無言で対応できる人なんていません。

例外なくみなさん「ギャー」と叫んでしまいますよね。

なんであんなに小さな虫にあんなに恐怖を感じるのでしょうね。できれば一生お目にかかりたくないヤツです。

それこそ超高層タワーマンションにでも住まないと無理な話で、われわれにできることは、少しでもゴキブリの数を減らして、増えるのを防ぐことしかないのです。

そこで、今回は私たちの住まいにゴキブリを少しでも出にくくし、繁殖させないようにする方法をまとめてみました。

ゴキブリ対策で最も効果的な方法ランキングトップ4決定版!!

ゴキブリ対策に効果的な方法を4つにまとめてみました。

1、可能であれば、立地が最重要!

これは最強にして最も難易度が高い方法です。それは、住まいの立地選びです。住むところから考え直そうというわけなんです。

これから新しい新居を考えている方には必見ですが、それ以外の方は何かヒントを見つけて応用してみてくださいね。

ゴキブリは性質上、湿っぽく劣悪な環境を好みます。

つまり、川沿いであったり、坂の下や地下スペースなどはもってのほか!

高台の風通しがよくて湿度がなくカラッとしているところがベストです。

湿度という点においては、1階よりも2階で風通しが良くて、日の光があたる家がいいのです。

これはゴキブリ対策だけではなく、カビ・ダニ対策にもなるので、理想の立地と言えます。

2、ゴキブリは隙間が大好き!!

やつらゴキブリ様が生活し、繁殖されるためには大きくわけて3つの要素が必要になってきます。

スポンサードリク

住みか(隠れる場所)

この3つがあれば、どんどん増えていかれます。。。

逆に考えると、この3つをできるだけ排除すれば室内からゴキブリがいなくなるということになるのです。

まず、土台となるゴキブリの住みかをできるだけ減らさなくてはいけません。

ゴキブリはわれわれが思う以上に、狭いところにも入り込んでいく平べったい身体をしています。1,5ミリの隙間さえあればどこでも入り込むと言われています。

やつらは、1,5ミリ~1センチの隙間を快適に思うらしいのです。

2センチ以上は敬遠するみたいで、そのことを踏まえて、家の中で家具や大きな物を固定で置く場合はなるべく、2センチ以上は離して置くことをオススメします。

部屋が狭くなってしまいますが・・・

3、基本中の基本はやっぱり掃除!

もうこれは言わなくても誰もが知っているコトですよね。やつらの餌・水分を与えないためにもゴミや食べ物を置きっぱなし・出しっぱなしにしないこと!!

気をつけていても、意外と忘れてしまうことに、ペットの餌や水、ジュースの空き缶や植木鉢の水

そしてゴミ箱はできるだけ室外に出しておきたいですね。あと乾物系の食品も袋のまま置きっぱなしにしないようにしたいです。

そして、人間やペットの髪の毛はヤツらの餌になってしまいます。

その他の餌になりうる物は、爪・衣服類の汚れ・虫の死骸(ダニ・アリ・蛾)などです。そのためゴキブリの繁殖を防ぐ上で、「こまめな掃除」はとても大事なことなんです。

そして、汚れた衣服を放置したり、ダンボールもヤツらにとっては好まれる素材なので、押入れにダンボールをそのまま積みっぱなしにするなどは厳禁ですよ~!!

4、ゴキブリが嫌うニオイで撃退!

やつらの嫌いなニオイがあります。それは、ミントやローズマリーなどの香りが強いハーブなんです。

そのほかには、ヒノキ・杉・ヒバといった木の香りも苦手らしいです。

これらは、わたしたちには心地いい香りとして感じるので室内に植えておくだけで、ゴキブリが近づかなくなるそうですよ!

どうでしたか、ゴキブリ対策の参考になればと思います。

ただ今、ゴキブリが大量に発生しています!という方は「殺虫剤」をおすすめしますが、そうでない方には、

こまめな掃除とハーブの香りでしのいでみては?

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です