薔薇を送る意味とは?知らないじゃ済まされない本数と色の本当の意味

スポンサードリク




母の日やお祝い事、好きな人に送る花と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、「薔薇」ですよね。わたしも母の日には、よく送っていたものです。

その圧倒的な存在感とどこかツンとしている女性的で自由気ままな可愛さがあります。

見ているだけで、いろんな気持ちにさせてくれる、不思議な花なんですよね。

そんな、魅力的なバラには、本数や色によってさまざまな意味があるのをご存知ですか、送る相手や状況によってもその本数や色は違ってきます。

バラをいただいた側の人が、幸せな気分で帰ってからふと調べてみると、とんでもない意味が込められていた!!

なんて、悲惨で悲しいことにならないためにもバラの本数や色における意味を知っておいたほうがいいはず!なので今回はバラの本数や色における意味をご紹介しちゃいます!

薔薇を送る意味とは?知らないじゃ済まされない本数と色の本当の意味!

知らないじゃ済まされないネガティブなバラの本数と色の本当の意味とは!

せっかく大切な人に喜んでもらうために送るのですから、いちばん大切で重要でもある、相手を不愉快にさせてはいけない!ということです。

まず、知っておいてもらいたい本数と色のネガティブな意味からご紹介していきますね。

~本数~

13本「永遠の友情」:異性に贈るときは、”友達でいましょう”となります。

15本「ごめんなさい」:お断りの意味合いになります。

16本「不安な愛」:ネガティブな表現です。

17本「絶望的な愛」:不幸せ感が漂いますね。

~色~

黄色 「愛情の薄らぎ」「別れよう」「嫉妬」:西洋では”裏切りの色”であるため、単体で送るのはキケンです。

黒赤色 「死ぬまで憎みます」「憎悪」「恨み」:情熱の赤色の中には、こんなものもあるんです。

赤に白班のバラ 「戦争」「争い」:赤色に白班が混じっていたら要注意。

茶色「ミステリアス」:神秘的(ミステリアス)の意味が、受け取る人によっては注意が必要。

黒色「恨み」「憎しみ」:”あなたはわたしのものなのよ”と少しホラー的な要素があります。

~部位~

トゲ 「不幸中の幸い」:トゲが刺さったとしても美しいバラなら許せますという意味。

枝 「あなたの不快さが私を悩ませる」:枝の部分だけを送るコトはまずないですが、一応です。

スポンサードリク

~状態~

赤いしおれたバラ「はかない」:基本しおれたバラは渡しませんよね・・

白いしおれたバラ「束の間の印象」:何でも意味があるものですね。

それ以外のバラの本数と色の意味

ネガティブな意味のバラはキケンですので、くれぐれも間違わないように注意してくださいね。

それでは、「愛」に彩られたバラ本来の美しい意味のご紹介です。

~本数~

■1本 「一目ぼれしました」「あなたしかいない」
■2本 「この世界は二人だけのもの」
■3本 「愛しています」「告白」
■4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
■5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
■6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し合いましょう」
■7本 「ひそかな愛」「ずっと言えませんでしたが、好きです」
■8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
■9本 「いつもあなたを想っているよ」「いつも一緒にいてください」
■10本「あなたは全てが完璧」「パーフェクト」
■11本「最愛」
■12本「私と付き合ってください」「日ごとに愛が強くなる」
■13本「永遠の友情」ネガティブワード
■14本「誇りに思います」
■15本「ごめんなさい」ネガティブワード
■16本「不安な愛」ネガティブワード
■17本「絶望的な愛」ネガティブワード
■18本「誠実」
■19本「忍耐と期待」
■20本「私のひとかけらの愛」
■21本「あなただけに尽くします」
■22本「あなたの幸運を祈ります」
■24本「一日中あなたのコトを思っています」
■25本「幸せを祈っています」
■30本「ご縁があるのを信じています」
■36本「ドラマティック」
■40本「死ぬまでこの気持ちは変わりません」
■50本「恒久」「永遠」
■99本「永遠の愛、ずっと好きだった」「ずっと一緒にいよう」
■100本「100%の愛」
■101本「これ以上ないほど愛しています」「最高の愛」
■108本「結婚して下さい」
■365本「あなたが毎日恋しい」「毎日、あなたのことを想っています」
■999本「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

~色~

■赤色 「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」「私を射止めて」
■白色 「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」「少女時代」「恋の吐息」「無邪気」
■ピンク色 「しとやか」「上品」「可愛い人」「美しい少女」「愛の誓い」「気品」
■青色 「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」
■オレンジ色 「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」「愛嬌」「すこやか」「爽やか」
■緑色 「穏やか」「希望を持ち得る」
■紫色 「誇り」「気品」「尊敬」
■緋色 「灼熱の恋」
■濃紅色 「内気」「恥ずかしさ」
■紅色 「死ぬほど恋焦がれています」
■虹色 「無限の可能性」
■絞り模様の薔薇 「満足」
■ドット柄の薔薇 「君を忘れない」

こんなにもたくさんの意味が込められていたんですね。あまりにもたくさん意味がありすぎると、何を送ったらいいか迷いますよね。

迷ったときは、かっこつけずに自分の気持ちを素直に伝えればいいのです。

初恋の相手や告白のときは、ピンクのバラで「一目惚れしました」や、父・母におくる時は、紫のバラで「誇り」を表したり、プロポーズにはお決まり108本のバラで情熱プロポーズで決まりです!

それぞれにとって思い出にもなりますし、花が添えられるだけでとてもステキなコミュニケーションになることは間違いないですね。

ですが、最後にもう一度注意点のおさらいです。

ネガティブな意味合いが込められているバラを選んでしまわないように注意してくださいね、せっかくの記念が台無しになってしまいます。

その予防対策としていいのは、

メッセージカードを添える、口に出してちゃんと伝える!!

これさえしておけば、誤解を招くことはありません、大切なひとに感謝や好きな気持ちはしっかりと伝えていきましょう。

それが、たとえうまくいかなかったとしても「伝えるコト」こそがとてもステキで美しいことなんだと私は思います。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です