フレンチでよく聞くアミューズの意味とあまり知られていない役割とは

スポンサードリク




フランス料理でよく耳にする「アミューズ」。いったいなんのコトなんでしょうか??

フランス料理に行ったことのある人は、経験があるかと思いますが、頼んだ覚えがないのにコース料理のはじめにいきなり「本日のアミューズでございます」などと言われ、小さくてオシャレな料理が運ばれてきます。

コレなんですか??なんて聞くのも恥ずかしいし・・でも気にはなっていた。

そんな疑問に答えていきます。

今回は、みなさんが気になるアミューズの意味とあまり知られていないコース料理におけるアミューズの重要さをあわせてご紹介していきますね。

フレンチでよく聞くアミューズの意味とあまり知られていない役割とは

その名のとおり、「アミューズメントパーク」のアミューズです。

本格的なフレンチレストランではほとんどがアミューズブーシュ(amuse bouche)と言われます。

ブーシュ(bouche)は「口」、という意味のフランス語であり、アミューズ(amuse)は「楽しむ」であります。

つまり、「口を楽しませるもの」という解釈で大丈夫です。お店によっては分かりやすく、「本日、ひとくちのお楽しみ」と表記しているところもありますよ。

別の言い方では、アミューズグール(amuse gueule)という言い方もあります。

こちらも同じ意味で、グールは「動物の口」、という意味です。私のイメージとしては個性的な個人経営のお店によく使われている表現のような気がします。

どちらが間違っているというわけではなくて、フランス料理の世界では両方使われているものです。

そもそもフランス料理の世界にアミューズが定着し始めたのは、1970年頃になります。

フランス料理界の大革命ともいわれる「ヌーベルキュイジーヌ」という動きが起こりだしてからのことになります。

ヌーベルキュイジーヌとは、「新しい料理」というテーマが掲げられた、新時代への大きな変革期です。

さまざまな有名シェフたちが今までの古典的な技法を残しつつも、今までになかったような新しい料理を次々に生み出していくのです。

その頃にフランスのシェフたちが影響を受けたのが和食です。

その繊細で美しい和食に影響されたフランス人シェフたちによって、フレンチと和食の融合がトレンドとなっていくのです。

スポンサードリク

その流れを受けてお食事のはじめに出される和食の「つきだし」のようなもの、それがアミューズへと変化していったのです。

さらに付け加えると、アミューズの前にアヴァン・アミューズ(avant amuse)というものが登場することもあります。

アヴァンとは「前に」を意味します。

それこそ本格的なフルコースでは、前菜の前にアヴァンアミューズ、そしてアミューズブーシュと2皿も出てくることがあります。

その小さなお料理をつまみながら、メニューやワインをゆっくり・じっくり選んで欲しいというお店側の気持ちのサービスなんです。

こんなの頼んだ覚えはないよ~??とびっくりしないでくださいね。

フレンチにおけるアミューズのあまり知られていないもうひとつの意味とは・・

フランス料理においてアミューズは、もうひとつの大きな意味・役割があります。

それは、「気分を盛り上げる」「食欲のテンションを上げる」というものです。

まず、基本的にアミューズは一口サイズの小さくて綺麗でおしゃれなものとされています。その見た目から、これから始まるコース料理に期待がふくらみ、ワクワクしてきます。

これからはじまるお食事に対しての気分が上がってゆくのです。

そして気分だけではない理由もあります。アミューズの味付けは小さいながらも少し「濃い目」の味付けにされていることが多いです。

その理由は、食欲を加速させることにあります。

思い出してみてください、お腹が減っているときに何か味の強いものを少しだけ食べたら、それを食べる前以上に食欲が出てきた経験はありませんか。

そういうことなんです。これから始まる楽しいお食事の演出なのです。

それが、見た目によるテンションアップであり、食欲を刺激することによって、より食事を美味しく感じてもらおうという気使いであり演出なのです。

実は、わたしはフレンチの料理人であります。

なかなか日々の生活でフランス料理に行くことはありません。なにかの記念日やお祝いなど特別な日に行くことが多いかもしれません。

でも、なにかの機会に行くことがあったなら、ただ食事をしてお腹を満足させるだけでなく、どうぞおもいっきりその空間を楽しんでください。

スタッフたちは、味だけでなくお料理の見た目や提供するタイミング・演出、ホールサービスや空間・店内に流れるBGMなどお客様を楽しませる準備をしています。

緊張することはありません、ただのレストランなのです。

ひとつだけ違うとすれば、フランス料理店で食事をするということは、「日常にはない非現実空間であるディズニーランドのようなところ」だということです。

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です