餃子の王将の裏メニュー!餃子の焼き方4種類の頼み方はコレだあ!!

スポンサードリク




みなさん大好きな餃子の王将。その餃子の王将でゆるぎないナンバーワンメニューである「餃子」。

その餃子には、4種類の焼き方があり、それをオーダーすることができるんです。意外と知られていない餃子の焼き方と頼み方について話していきましょう。

餃子の王将の定番、ノーマル餃子

こちらは、ド定番であるノーマル餃子です。とくに特別なオーダー方法はなく、普通に餃子〇人前と頼めばオーケーです。

基本的な焼き方であり、オーダーしてから10分もしないで出てきます。(お店の混雑状況にもよりますが・・)

皮もほどよくパリパリに焼けている、ベーシックな美味しさですね。個人的にはいちばんオススメです!

こんがり餃子はツウの味?!よく焼き餃子

普通のノーマル餃子でも、あるていどの焼き色は付いていてわりとパリパリしているものです。

しかしこのタイプはさらによく焼いた餃子で、焦げる一歩手前くらいの感じです。

こんがりと焼かれた餃子には、香ばしい香りと食感があります、いつもの餃子に飽きた時、たまに食べるとすごくおいしいです。

オーダーの方法は「餃子〇人前をよく焼きで!

スポンサードリク

とにかくパリパリなんです、両面焼き餃子

基本はとにかくノーマル餃子です。このタイプはノーマルタイプの裏側も同じくらい焼いてもらう感じです。

いわば、餃子の上・下両面に焼き色をつけてもらう感じです。

想像どおりのパリパリ餃子です。パリパリ食感が好きな方にはぴったりです。いちど食べたことがありますが、正直ふつうが恋しくなりました。(個人的な感想です)

両面焼いてもらうので、一番時間がかかるタイプですね。オーダーの方法は「餃子〇人前を両面焼きで!

皮の食感を楽しむ、うす焼き餃子

こちらのタイプは、字のとおりでうすく焼き色をつけたものです。

通常よりも焼き色をおさえて、皮の食感をダイレクトに楽しめる餃子ですね。パリパリ感はありませんがシュウマイや水餃子が好きなかたにはおすすめかもしれませんよ。

オーダー方法は、「餃子〇人前をうす焼きで!

以上4つのタイプをご紹介しました。それぞれに特徴と違いがあり好みがわかれるところだと思います。

さらにこの4タイプを組み合わせることもできます。例えば

「両面よく焼き」

「両面うすやき」

などです。中には「超よく焼きで」、なんて頼む人もいるそうです。最近ではにんにくが入っていない「にんにくゼロ餃子」なんてのも人気みたいです。

休憩中の方や女性に人気のゼロ餃子も一度おためしください。

普段とちがう食べ方をすることで、新たな発見や幸せを感じることができるかもしれませんよ!

定期的に食べたくなる「餃子の王将」はわれわれのソウルフードです!!

スポンサードリク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です